結婚した際に必要な生命保険について

生命保険の選び方

結婚した際に必要な生命保険について

結婚すると、独身のときとは異なり将来をともにする伴侶が出来ます。
今までは一人でしたが、これから二人で家庭を気づきあげるとなると責任感も一気に増します。
とても喜ばしいことですが、一気に身がひきしまる思いですね。
これからのライフスタイルにあわせた生命保険を選ぶことが必要です。
保険選ぶの大切なポイントとして、以下の点が挙げられます。

まず1つ目は、配偶者が仕事をするのかどうかです。
ともに仕事をする予定であればお互い死亡保障は必要ですが、それほど高額な保険は必要ありません。
収入に差がある場合はそれをうめることができる保障があればなお良いでしょう。
もし配偶者がもとから仕事をしていなかったり、結婚を機会に仕事をやめるのであれば死亡保障には注意が必要です。
万が一のときにそなえてこれからも仕事をする人の死亡保障を厚くしましょう。
また、就業不能になった時に支援してくれる医療特約があれば付加することをオススメします。
世帯主が三大疾病やガンにかかってしまったときの医療特約も検討しましょう。
何があるかわかりませんので、余裕があれば配偶者の保険についても検討しましょう。

子供の予定についても考える必要があります。
子供が生まれたとき学資保険に加入する家庭も多いでしょう。
学資保険は子供が生まれてからでも良いですか、同時に夫婦のための保険に加入すると金銭的負担が一気に重くなる可能性があります。
未来のことまで見通して生命保険をかける必要があります。

また、結婚する前に両親がかけてくれていたり、会社で加入した保険があるかもしれません。
自分のこれからのライフスタイルにあっているのであれば無理に解約する必要はありませんが、一度保障内容をよく確認したほうが良いでしょう。
既に加入した生命保険をかけ続けるのであば、保険金の受取人も変更する必要性かあるかもしれません。
これから家計をメインで支える世帯主の保障を中心に考えて生きましょう。