独身に必要な生命保険について

生命保険の選び方

独身に必要な生命保険について

独身の方に合う保険とは、どのような生命保険でしょうか。
扶養家族の有無で重視する点が変わります。
扶養家族がいないのであれば、高額すぎる死亡保険金は不要です。
適度な金額の死亡保障と、医療保障を重視するほうが良いでしょう。
死亡保険金は葬儀代や身辺整理にまわすことが出来る金額があれば十分です。
一方、ご両親など扶養家族がいる場合は死亡保障も重視する必要があります。
人数にもよるので、残された方が生活できるだけの金額を検討して加入すると良いでしょう。

満期時の楽しみがほしいのであれば養老保険金、保険料の負担を抑えたいのならば定期保険がオススメです。
保障が一生涯ほしいのならば終身保険が良いでしょう。
どの種類が良いかは個人のニーズによって変わります。

医療保障・特約についてはどうでしょうか。
もし自分が入院したときに援助してくれる人がいないのであれば、こちらも重視しましょう。
いざ入院すると、予想外に医療費以外にもお金がかかります。
テレビを見る時にはテレビカードが必要ですし、食事やタオルなどの費用も準備しなければいけません。
もし個室に入ったとすると、相部屋よりも費用がかかります。
入院したときに周りのことを気にせず、落ち着いて治療がしたいのであれば今から備えたほうが良いでしょう。

保険には様々な特約を付加することが出来ます。
独身であればシンプルなものが良いでしょう。
例えば、ガンなどの特定の疾病にかかったと診断されたときや、余命宣告をされたときに一時金が支払われる特約があります。
このような特約を付加することで自分自身の身辺整理をしたり、ちょっとした贅沢にまわすことが出来ます。

障害が残ったり長期間入院をしてしまうと、仕事が出来なくなり給与がなくなってしまいます。
独身だから生命保険は不要だと思わず、万が一のことを考えて加入することをオススメします。
いざというときに困らないだけの保障を今から準備しておきましょう。