生命保険の見直しポイント

生命保険の選び方

生命保険の見直しポイント

当時は良いなと思った保険でも、新しい保障内容の生命保険が日々販売されています。
加入時では最新の保障内容でも今はニーズにあっていないことも考えられます。
いつも最新の保険に加入することが一番良いですが、保険料もかかるのでなかなかそうはいきません。
就職や結婚、出産、マイホーム購入、定年退職など人生の節目となるときに定期的に生命保険の見直しをすることをオススメします。

まずは、必要な保障額と保障期間のめどを立てましょう。
死亡保険金額の必要な金額は時期によって変わります。
結婚したときや子供が生まれたばかりのときは特に重要視する必要があります。
一方、定年退職後の死亡保障は出産時よりも重視する必要はありません。
残された遺族の生活保障や、葬儀代にまわすだけの金額を確保しましょう。
私的年金保険もあるので定年退職前の40代・50代になったときの状況にあわせて加入を検討しましょう。

次は保障期間です。
当初は満期保障がほしくて養老保険に加入したかもしれません。
しかし、年齢をとるにつれて保険料が増えていくため一定のところで終身保険に切り替えをする場合もあります。
養老保険はその都度保障内容を見直すことが出来るので良いのですが、満期を迎えたときに新たに加入するとどうしても保険料が高くなってしまいます。
養老保険が良いのか、終身保険が良いのかはライフスタイルやひとそれぞれ変わってきます。
保障は一生涯ほしいけど、一時金も受け取りたい人は終身タイプの祝い金付保険もあります。

生命保険を加入するということは、解約前提ではありませんが途中で検討しざるを得ないときもあります。
返戻率も必ず確認したい項目です。

家族が増すにつれて世帯主は責任が増えます。
責任が増えるということは、自分に万が一のことがあったときに家族が困る確立が高くなるということです。
医療保障についてもできるだけ広くカバーしてくれるものを選ぶ方が良いです。
似たような保険料でも保障内容はがらりと変わりますので、よく検討してから見直ししましょう。