離婚した際に必要な生命保険について

生命保険の選び方

離婚した際に必要な生命保険について

最近、年々離婚率は上昇しています。
シングルマザーという言葉もよく耳にしますが、離婚したときの生命保険はどうすればよいのでしょうか。

子供を引き取るかどうかにより、生命保険の見直しは変わってきますが、まずは以前契約していた保険を見直しましょう。
契約者や受取人がどうなっているかを確認し、必要に応じて変更が必要です。
受取人がそのままだと、自分が死亡したときの保険金の受け取る権利が確定してしまいます。
学資保険で契約者・満期保険金の受取人を変更しないまま自分が保険料を支払うケースがあります。
せっかく自分で保険料を支払っていても、満期を迎えると本人以外受け取ることは出来ません。
連絡がをとることが出来れば問題ありませんが、音信不通だと保険金は受け取ることは不可能になります。
いかなる理由があったとしても満期後に受取人を変更することは出来ないので、後から困らないように必ず手続きを済ませましょう。

離婚する前から話し合って保険について整理する必要があります。
子供を引き取る場合、今までは夫婦そろっての生活でしたがこれからは自分ひとりで子供を育てなければいけません。
万が一のことがあったときに子供が生活できるだけの十分な資金を残しておく必要があります。
育英年金付の学資保険であれば、契約者が死亡すると年金が支払われます。
年金があることで一定の金額は確保できますが、やはり自分自身で保険をかけてある程度の死亡保障を手に入れておいたほうが良いでしょう。
死亡保障に重点を置くことも必要ですが、医療保障も充実させなければいけません。
自分が働くことが出来なくなったときの保障も必要ですが、入院費をまかなうこともはずせません。
就業不能時の保障とあわせて余命宣告を受けたときの保障があれば万全に備えることが出来ます。

離婚をするということは、人生が大きく変わることを示します。
自分と子供が安心して生活できる保障を得るために見直す必要があります。